[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.504]21~22年の沖縄は一大政治決戦の時

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.504 2021.6.28                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》 【1】《INSIDER No.1105》    21~22年の沖縄は一大政治決戦の時    ーー衆院選、復帰50年、参院選、そして知事選 【2】《CONFAB No.504》    閑中忙話(6月20日~26日) 【3】《FLASH No.416》    自民党内で乱立する「議員連盟」は権力亡者とゾ    ンビの巣窟ーー日刊ゲンダイ6月24日付「永田町    の裏を読む」から転載 【4】《SHASIN No.441》    付属写真館 ■■ INSIDER No.1105 2021/06/28 ■■■■■■■■■ 21~22年の沖縄は一大政治決戦の時 ーー衆院選、復帰50年、参院選、そして知事選 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  来年5月15日には、沖縄の日本復帰から50年という大 きな節目が訪れる。すでに「読売新聞」が6月16日付か ら「返還合意50年/沖縄の今」と題した大型連載を始め た(断続連載で今のところ25日付第6回まで)のを先駆 として、これから来春にかけアリとあらゆるメディアで この50年は果たしてこれでよかったのか、よくなかった とすれば次の50年はどう展望すればいいのかという議論 が展開されていくことになるだろう。  そしてそれを受けての来年9月の県知事選では、その 次の50年に向かって沖縄が踏み出していくのに相応しい 知事は誰かが問われることになる。玉城デニー現知事 は、もちろん再選を目指すのだろうが、3年前に彼を支 えた翁長雄志前知事の遺産としての「オール沖縄」陣営 がそのままの形で再選を支持するのかどうかは確定的な ことではないし、仮に支持したとしても自民候補に勝て るのかどうかも分からない。先週に那覇を訪れて、新聞 社幹部、政治学者、県議など各方面の意見を聞いた限り では、辺野古問題でもコロナ禍対応でも玉城のリーダー シップ不足はかなり深刻で、このままでは再選はかなり 難しいだろうとの見方が一般的である。  そこで、今年から来年にかけての沖縄の政治日程を1 つ1つ吟味しながら、問題点を探ることにしたい。 ●今年はこれまで1勝2敗  今年1月17日に行われた宮古島市長選では、座喜味一 幸=前県議(社民、社大、共産、立民推薦)が1万5757 票を得、自公推薦の現職=下地敏彦に2782票差をつけて 4選を阻んだ。下地は沖縄の保守系市長の会「チーム沖 縄」の会長を務めてきた大物だが、この4カ月後には陸 上自衛隊駐屯地の用地売却を巡る贈収賄の容疑で逮捕さ れた。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日
  • テキスト形式