ことばを情報にする〈1〉

前田安正の「マジ文アカデミー」
コミュニケーション・ファクトリー 未來交創の前田安正です。 今回は「ことばを情報にする」がテーマです。 熱い思いがあふれ出るなら、その勢いを大切にして書けばいい。文章のうまい下手を超えて、その思いは通じるはず。ところが、そんなパッションを持って文章に向き合っている人ばかりではありません。 「何を書いたらいいのか、どう書いたらいいのか」。これは永遠の課題かもしれません。 何かを書くということは、読み手に情報を与えることでもあります。では、情報とは一体何なのか。そんなことから文章の書き方を考えてみます。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 前田安正の「マジ文アカデミー」
  • これからは「自らがメディアになる時代」です。就活・ビジネスなど、さまざまな場面で自己発信力が求められています。ところが、情報の受け手を意識して自らを表現することは、そう簡単ではありません。 『マジ文章書けないんだけど』(21年4月現在9.4万部/大和書房)の著者が、「自らがメディアになる」ための文章作法と「ことば」の可能性についてお伝えします。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 5日・15日・25日(年末年始を除く)
  • HTML形式