メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

前のめりになったFRBの真意はどこに

マンさんの経済あらかると
  • 2021/06/18
    • シェアする
前のめりになったFRBの真意はどこに 「予想外のタカ派展開」  15,16の両日に開催された米国でのFOMC(連邦公開市場委員会、米国版金融政策決定会合)では、予想外のタカ派展開が見られました。前回までの会合では、資産買い入れ縮小は時期尚早で、利上げは早くても2024年以降となっていました。ところが、今回の会合では2023年に利上げを予想するメンバーが18人中13人となり、このうち11人は2回以上の利上げを予想しています。  超ハト派の地区連銀総裁が少なくとも2人はいるので、執行部も23年には利上げへと見方を変えた可能性があります。また、現在国債を月に800億ドル、住宅ローン担保証券を月400億ドル、あわせて1200億ドルの債券保有を増やす策を講じていますが、これについての議論を始めた可能性を示唆し、次回以降の会合でも資産買い入れペースや資産構成について議論すると示唆しました。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)