第645回 新型コロナウイルスの起原を巡る最新情報、予防や治療に有効なもの、プレヤーレンのパンデミック以外の情報

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 第645回 新型コロナウイルスの起原を巡る最新情報、予防や治療に有効なもの、プレヤーレンのパンデミック以外の情報 …━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… ▼今回の記事の要約 いまワクチンの接種が急ピッチで進んでいるが、まず今回は新型コロナウイルスの予防や治療薬に関する情報をまとめて紹介する。読者の方々も情報を集めているのですでによく知っている情報かと思うが、紹介する価値はあると思う。 次のメインテーマとして、新柄コロナウイルスの起原に関する情報を紹介する。 いま、バイデン政権の主席医療顧問で新型コロナウイルスのパンデミックに対応するタスクフォースを主導しているアンソニー・ファウチ博士は、中国の「武漢ウイルス研究所」におけるコウモリから採取されたコロナウイルスの研究を独自に支援していた事実が問題となっている。これは、やはり新型コロナウイルスは中国が人工的に開発したものであり、それがリークしたのだとする疑惑が出ている。 ネットではあらゆる陰謀論が出回っているが、実際になにが起こっていたのか解説する。記事が長くなるので、2回に分けた。 最後に、いつも紹介しているスイス在住のコンタクティー、ビリー・マイヤーのコンタクト記録を紹介する。今回は、新型コロナウイルスやワクチンのリスクとは関係のないテーマを紹介する。 マイヤーのコンタクト記録は、今回のパンデミックやワクチンに関して非常に高い精度の情報を提供しており、このメルマガではそれらを紹介してきた。しかし、これらのテーマはコンタクト記録の一部で、その他の内容は紹介する機会がなかった。今回はそうしたもののいくつかを紹介する。今年の初めのコンタクト記録から順次紹介する。 最後に、筆者のなんちゃってフィクションの第5回目を掲載する。 今回はこのような内容だ。 ▼新型コロナウイルスの予防情報 それでは今回の最初のテーマを書く。新型コロナウイルスの予防や治療で役に立つと思われる情報である。いま日本でもワクチン接種が急ピッチで進んでいる。このメルマガの読者にも、すでに接種が済んでいる方もいるだろう。 一方、「ファイザー」や「モデルナ」の「mRNA」のワクチンや、「アストラゼネカ」などの「ウイルスベクターワクチン」の副反応のリスクへの懸念も大きい。その結果、いま開発が進められている従来型の「不活化ワクチン」や、従来型に近い「組み替えタンパクワクチン」の供給が始まるのを待つという選択をする人もいるだろう。筆者はそうするつもりだ。また、ワクチン接種そのものを断念する人もいるかもしれない。 そうした選択をした場合、やはり必要になるのは予防処置と早い段階で使用できる治療薬の入手だ。これらに関してはネットでもすでに膨大な情報が出ているので、知っている読者も多いだろう。今回筆者は、信頼できる医療関係者や漢方薬の知識を持っている方々から貴重な情報をいただいたので、まとめて紹介したいと思う。以下が新型コロナウイルスの予防と早期の治療に有効なものの一部だ。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
  • いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日
  • テキスト形式