メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

K字型回復の危うさ

マンさんの経済あらかると
  • 2021/06/04
    • シェアする
K字型回復の危うさ 「見劣りする日本の景気回復」  OECD(経済協力開発機構)が5月31日に公表した世界経済見通しの改定版を見ると、世界や主要国の成長率が上方修正される中で、日本が下方修正された点が目立ちます。2021年の成長見通しは、前回3月の見通しに比べて、世界全体は0.2%上方修正され5.8%成長となりました。米国は0.4%上方修正の6.9%、中国は0.7%上方修正の8.5%、ワクチン接種の進む英国は2.1%上方修正の7.2%となりました。  その中で日本は前回から0.1%下方修正されて2.6%成長と、主要国の中では最も低く、数少ない下方修正の国となりました。英国や米国に比べるとワクチン接種が大幅に遅れ、かつ経済対策も米国に比べると大きく見劣りします。ワクチン接種の遅れが批判されるユーロ圏でもすでに接種率が4割近くに上り、経済が正常化に向かっています。OECDもこれを評価し、今年の予想を0.4%引き上げ、4.3%としています。  日欧はともに1-3月のGDP成長率がマイナスとなりましたが、欧州では3月、4月と回復を示す景気指標が広がり、4-6月以降の回復が見込まれる一方、日本はまだ回復のめどが立ちません。4-6月は当初プラス成長に転じるとの期待がありましたが、10都道府県に発出された緊急事態宣言が延長され、消費を中心に制約が続いているため、4-6月も連続のマイナス成長となる懸念が高まりました。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)