メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

第001号 PART2-2 書き下ろし原稿 「目指せ! 60歳でハッピーリタイア」

Prof.サカキの市況展望 プラス 教授に質問!
 MOTO教授の榊原です。  それでは、「PART2」の後半をお届けいたします。 1-3節 今や、60歳で辞めることこそが、「ヤンリタ」 (1) 「ヤンリタ」について  私が青山学院大学に移籍した頃(2004年頃)に、「ヤン リタ」という言葉と概念が日本でも流行りました。その 流行の原点にあるのは、たぶんロバート・キヨサキ氏の 生き方なのだろうと思います。ロバート・キヨサキ氏は 日系アメリカ人で、2000年に「金持ち父さん 貧乏父さん」 という本を上梓し、世界的なミリオンセラーになった ことで、知る人ぞ知る文筆家・不動産投資家です。 ロバート・キヨサキ氏自身は、47歳まで働き、充分な資産 を獲得してヤンリタしたそうです。(ロバート・キヨサキ 氏自身は、「リタイアするのが47歳では遅すぎた」と 述べており、「ヤンリタ」という場合、その主な年代は 30代半ば~40代前半くらいのようです。)  それから、日本にも少しずつヤンリタに憧れる人が 増えていったようです。そして2004年10月に、ヒロ・ ナカジマ氏という純粋な日本人のかたが上梓した 「ハワイ プチ富豪の成功法則」(アスコム刊)という 本が数万部のベストセラーとなり、私もそれを読みました。 ヒロ・ナカジマ氏は27歳で130万円を元手にビジネスを 起こして、7年で資産を2億円にしてヤンリタしたそう です。私は当時43歳だったのでスタートが16年も遅いな、 と思いましたが、7年後の50歳ででもいいのでヤンリタ できればいいなと当時、漠然と思ったことを覚えています。 (その思いは、ちょうど50歳の頃に成就しましたが、 その時は仕事を辞めませんでした。)  2004年の冬に、ヒロ・ナカジマ氏の講演会が東京・渋谷 で1回だけ開かれたことがあり、参加したこともあります。 その当時、ヒロ・ナカジマ氏とはメールで1~2度 やりとりしたことがありますが、とても優しい感じの 人柄のかたでした。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • Prof.サカキの市況展望 プラス 教授に質問!
  • 前半で、日本の株式市場の先行きに関する市況を展望します。また、株式投資に有益な知識や考え方をときおり交えて、株式投資に関する正統派の知識を普及することを目指します。 そして、後半では、読者の皆様からの質問に、ざっくばらんにお答えするコーナーや、新規書き下ろし原稿を披露します。
  • 500円 / 月(税込)
  • 毎月 1日