メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

第001号 PART1 「どうなる? 『東京五輪』」

Prof.サカキの市況展望 プラス 教授に質問!
 こんにちは! MOTO教授の榊原です。  今回は「創刊号」ですので、特別号として、PART1・PART2 ともに、分量をかなり多くいたしました。  皆様のご参考になれば幸いです。 <今回は、文章量が多すぎて、「一回で送れる長さ(60KB)  を超えてしまいました。ですので、「PART2」は分割  して配信いたします。> PART1 Prof.サカキの市況展望(執筆日時:6月1日深夜1時) <本編は、これまで「フーミー」というサイトで掲載してきた  メルマガの内容を引き継ぐものですので、「フーミー」に  おける過去の掲載内容を踏襲する部分がございます。ご了承  下さい。> [1] 5月12日の号外以降の市場を概観することから始めます  「フーミー」の5月12日配信の号外の[2]で、楽観的観測と して、「27,281円」を当面の底値と予想しました。  また、同じ5月12日配信の号外の[6]で、 「目先のところでは、『29,000円』前後まで戻る可能性もある ので、そこでは売れるものは売っておいて、キャッシュ ポジションを高めておきます。」 と書きました。  日経平均株価は、結果的には5月13日の「27,385円」が直近 の安値となり、反発しました。そして、28日には「29,194円」 を付けましたが、31日は反落し、「28,791円」の安値を付け、 「28,860円」で終わりました。  「フーミー」の5月12日配信の号外で予想したものに、ほぼ 近いかたちの戻り相場になっているというわけです、現在までの ところは。  5月12日の時のことを思い出してみますと、その時点において 市場には、かなり「悲観ムード」が漂っていました。やはりそう いう時は、その翌日が底値になったというわけです。  みんなが悲観的になった時が底で、みんなが楽観的になった時 が天井、というのが株式市場の特性です。(だから株式投資は 難しいのですが。)  ということは、28日に前日比600円高となり、楽観ムードに なった28日が高値圏となる可能性が高い、と考えられます。 [2] 注目点をチェックしていきます
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • Prof.サカキの市況展望 プラス 教授に質問!
  • 前半で、日本の株式市場の先行きに関する市況を展望します。また、株式投資に有益な知識や考え方をときおり交えて、株式投資に関する正統派の知識を普及することを目指します。 そして、後半では、読者の皆様からの質問に、ざっくばらんにお答えするコーナーや、新規書き下ろし原稿を披露します。
  • 500円 / 月(税込)
  • 毎月 1日