【133】恒例の田植え闘争が伝えられず。金正日が窒素肥料を求めたワケ-令和3年5月20日配信

宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」
Vol.133 令和3年(2021)5月20日-配信 …………………………………………………………………………………………… (目次) 1.宮塚利雄と朝鮮半島(宮塚利雄物語) 122 エース電研の竹本宗一が開発した画期的な自動玉貸し機・サンドイッチ 宮塚利雄 2.北朝鮮便り 金正日が土壌に適さない窒素肥料支援を求めたワケ 宮塚利雄 3.教えて宮塚代表(読者参加型Q&A) ビラとトゥルーノース1 4.編集後記 トゥルーノースとウイグル …………………………………………………………………………………………… 1 宮塚利雄と朝鮮半島(宮塚利雄物語) 122 エース電研の竹本宗一が開発した画期的な自動玉貸し機・サンドイッチ 宮塚コリア研究所代表 宮塚利雄 前号に続いて竹本宗一を紹介するのは、30兆円産業と言われたパチンコを巨 大産業に押し上げた最大の貢献者を、私は竹本宗一率いるエース電研ではな かったのかと思っているからである。前号でも述べたが、竹本はパチンコ店の コンピューター化の先鞭をつけ、パチンコ店経営の近代化と合理化・省力化を
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」
  • 元山梨学院大学教授の宮塚利雄が、甲府に立ち上げた宮塚コリア研究所から送るメールマガジンです。北朝鮮情勢を中心にアジア全般を含めた情勢分析を独特の切り口で披露します。また朝鮮半島と日本の関わりや話題についてもゼミ、そして雑感もふくめ展開していきます。テレビなどのメディアでは決して話せないマル秘情報もお届けします。長年の研究対象である焼肉やパチンコだけではなく、ディープな在日朝鮮・韓国社会についての見識や朝鮮総連と民団のイロハなどについても語ります。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 5日・20日