神垣あゆみ【仕事のメール心得帖】Vol.106 <メールの敬語>過剰な敬語に要注意

仕事のメール心得帖
今週のテーマは【 メールの敬語 】です。 メールがこれだけ普及し、ブログやツイッターで情報発信する人が増えた今 「書く」ことへの関心の高まりとともに 敬語に対しても気を使う人が増えてきているように感じます。 その一方で、相手に失礼のない表現を考えすぎて 必要以上に敬語を使っている文を目にすることも多くなりました。 このテーマ、これまでにも何度となく取りあげているのですが 正直言って、ネタが尽きません。 ということで、「過剰な敬語」表現について 改めて取りあげていきたいと思います。 必要以上に敬語を使っている「過剰な敬語」の文例として  1.「拝読させていただく」  2.「~しておられます」  3.参加を断るときの敬語  4.「ご興味がおありでしたら」 5,「お送りさせてください」 を取り上げ、スッキリ書き換える方法、適切な敬語の使い方を紹介します。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 仕事のメール心得帖
  • 仕事でやり取りするメールの基本、押さえていますか? レスポンスを早くし、コミュニケーションをスムーズにするメール対応のヒントを紹介します。 今まで何となく送っていたメールも、このメールマガジンを読んで即実践すれば、相手のこころに響くメールがするっと書けるようになります。好感度がアップするメール対応でコミュニケーション上手に! 仕事の能率アップで働き方を改善しましょう。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日
  • テキスト形式