☆【中国】新型コロナは中国のバイオ兵器だった疑いが急拡大、ブラジル大統領も中国関与を示唆

黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」
○●――――――――――――――――――――――――――― 黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」        2021年05月12日号(第391号) ―――――――――――――――――――――――――――●○ はじめに  みなさん、こんにちは。黄文雄です。  ワクチン接種で新型コロナのパンデミックが下火になりつつある先進国が増えてきたようですが、その一方で、中国に対する批判が再燃しつつあります。いまから6年前、中国の軍関係の科学者などがSARSコロナウイルスをテロリストがつくったバイオ兵器だったとする一方で、第3次世界大戦に備えて中国がバイオ兵器を準備すべきことを示唆する報告書を書いていたことが明らかになりました。  そしてブラジル大統領も、新型コロナのパンデミックは中国による「新たな戦争」だと述べ、波紋が広がっています。  これらのことが、後々に大きな問題になってくるかもしれません。  今回のメルマガでは、このことについて論じました。その他、盛りだくさんの内容になっています。 今週の目次
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎週 水曜日
  • テキスト形式