2つの「分断」が日本経済の重しに

マンさんの経済あらかると
  • 2021/05/12
    • シェアする
2つの「分断」が日本経済の重しに  トランプ前大統領が米国の分断を深めてしまいましたが、そのために米国でワクチン接種が大きな壁に突き当たっています。トランプ支持者の多くがワクチン接種を拒んでいるためです。約6割の人がワクチンを接種したものの、4割がこれを拒むと、集団抗体の獲得、感染拡大の抑制が可能か微妙で、またトランプ信者の多い州と、民主党基盤の地域との感染格差が広がる可能性があります。  日本は西側のアングロサクソン系グループと中国中心の専制国家グループとの分断のはざまにあり、またコロナ感染を制御して正常化しつつある国・地域と未だに感染拡大で身動き取れない国々との分断、という2つの分断のはざまで苦悶しています。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • テキスト形式