[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.497]米バイデン政権は本当に中国と戦争をするつもりなのか?

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.497 2021.5.10                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》 【1】《INSIDER No.1098》    米バイデン政権は本当に中国と戦争をするつもり    なのか?ーーワシントンの外交専門家からも湧く    警告の声 【2】《CONFAB No.497》閑中忙話(5月2日~8日) 【3】《SHASINNo.436》付属写真館 ■■ INSIDER No.1098 2021/05/10 ■■■■■■■■■ 米バイデン政権は本当に中国と戦争をするつもりなの か?ーーワシントンの外交専門家からも湧く警告の声 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  バイデン米大統領の対中国姿勢は、好意的な言い方を すれば「硬軟両様」だが、率直なところ、定義不明な言 葉が整合性もとれないまま並べられていて、本当はどう しようとしているのかよく分からない。  国際情勢分析家のイアン・ブレマーによれば、バイデ ン政権の対中姿勢には3つの性向が混在していて……、  第1は、中国を「封じ込め」て「新冷戦」に突き進も うというもので、政権内の嫌中派や軍事的タカ派がこれ を支持している。  第2は、米中対立の激化には得るものは何もなく、米 中が「相互依存」しつつ中国を既存の多国間の枠組みに 受け入れていくべきだとする考え方で、政権内の経済重 視派や経済界主流はこの線である。  第3に、ジョン・ケリー特使がすでに実践しているよ うに、気候変動を最大の脅威とする視点から米中協力を 進める立場。  バイデン政権は「3つ全てを組み合わせたアプローチ をとる可能性が高い」が、「南シナ海の軍事拠点化や香 港・台湾の抑圧などを巡って対決姿勢を鮮明にしなが ら、温暖化の防止や新型コロナの封じ込めで手を握るよ うな芸当ができるのか。……決定的な衝突に至るのを避 け……中国と賢く競う道を米国は何とか探り当てるべき だ」と、ブレマーは提言している(3月18日付日本経済 新聞電子版)。 ●トランプ政権から受け継いだ?台湾重視  もちろんバイデンは慎重に言葉を選んでいて、決して 中国を「敵」とは呼ばず「唯一の競争相手」といった言 い方をしている。彼が就任後初めて主催する首脳級会合 となった3月12日の米日豪印=クアッドで「自由で開か れたインド太平洋」を強調しても、それを「中国包囲 網」と露骨に言い募ることは避けている。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日
  • テキスト形式