メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

「中国の危機」、日本と同じ戦争・経済の道を歩めば「破綻する運命」

勝又壽良の経済時評
  • 2021/05/10
    • シェアする
領土拡張が中国の歴史 米国の総合力見損なう 逆立ちした米国衰退論 もう不可避の経済破綻 中国の習近平国家主席は、毛沢東の政治スタイルを踏襲している。当時と同様に、異見を認めず弾圧する姿は、極めて危険な道と言うほかない。毛沢東時代は、経済発展レベルが極めて低く、まさに「食うや食わず」の日々であった。 現在は、名目一人当たり平均GDPは、1万ドルを超えている。臨海部では、3万ドルを超える地域も珍しくない。これは、国民の意識を大きく変えているはずだ。習近平の独裁体制を苦々しい思いで眺めている人たちを増やしているであろう。具体的に言えば、キリスト教徒(特にプロテスタント)の増加である。2030年には、世界一のキリスト教徒の国として1億人を超えるという予測も出ている。経済水準の上昇は、人間の意識を変えるのである。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 勝又壽良の経済時評
  • 経済記者30年と大学教授17年の経験を生かして、内外の経済問題について取り上げる。2010年からブログを毎日、書き続けてきた。この間、著書も数冊出版している。今後も、この姿勢を続ける。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 木曜日(年末年始を除く)