雇用統計は「100万人雇用増予測」が「26万人増でした。てへ」

新天地の株式投資日記
  • 2021/05/08
    • シェアする
NYダウ34777.76(最高値更新中!)+229(+0.66%)ナスダック13752+119(+0.88%) 今週最注目のイベントだった4月のアメリカ雇用統計。事前の予想では非農業部門雇用者数が100万人増加となって力強い景気回復を示すはずだった。 (なお以前も書いたけど、失業率ではなくて雇用者増加を重要視するのは、景気拡大場面では労働者が仕事を選り好みするため就職希望者の数が大きく変動し、失業率と景気変動が連動しないことが多いから) ところが蓋を開けてみると「衝撃の26.6万人増」。問題はそれがなぜ起こったかをどう解釈するのか?本来なら「雇用が伸びないのは景気が悪いから。」だから「金利は下がる、株はシクリカルが売られグロースが買われ為替は一方的にドル安になる」はずだったが結果はそうではない。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 市場が100分単位で考えて出した結論は「たしかに雇用者数が増えなかったけど・・・・
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 新天地の株式投資日記
  • 発行者は証券会社の自己売買業務を経験後に退社。現在はデイトレーダー。メルマガはトレーダーの視点で東証とNYの市況解説(市場雑感)を中心に取引手法などを書いていきます。特に脱初級、中級の方向けに市場で何が起こっているのかと、取引手法や相場の考え方を書いていきます。また普段あまり書かれることが少ない空売り戦略や手法をプレーヤーの立場で書いていきます。 法規制により、具体的な銘柄商品の売買の指示や助言などはありません。あらかじめご理解をお願いします。
  • 5,500円 / 月(税込)
  • 毎週 水・土曜日(年末年始を除く)
  • HTML形式