パウエル会見にテーパリングのヒント

マンさんの経済あらかると
  • 2021/05/07
    • シェアする
パウエル会見にテーパリングのヒント  4月28日、FOMC(公開市場委員会)後のパウエル議長会見には、FRBがテーパリング(FRBの資産買い入れ縮小)議論を打ち出すヒントが隠されていました。それでも多くのメディアはむしろテーパリング議論は時期尚早と書きました。3月の雇用水準はコロナ前よりまだ850万人も少なく、彼らが職に戻れるまでFRBは最大限の支援をする、との発言や、目標到達には遠く及ばない、との発言に注目したためです。  市場はFOMCの結果や議長会見を受けて、一旦警戒して売っていた国債を買い戻し、ドルも下落しました。しかし、議長会見をよく見ると、この中には逆にこの秋にもテーパリングの議論が始まる可能性を示唆するヒントがありました。いったん市場を安心させて、テーパリングを議論すれば、市場は混乱します。あえてそれを狙う理由がありそうです。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • テキスト形式