岩上安身のIWJ特報! 第513号 立命館大学大学院・松宮孝明教授インタビュー (その4)

岩上安身のIWJ特報!
  • 2021/04/30
    • シェアする
第513号 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 岩上安身のIWJ特報! 日本学術会議任命拒否問題で見えてきた「擬似法治主義」国家ニッポンの姿! 菅総理は憲法15条を悪用して独裁を行なっている! その先には軍事研究への誘導がある! 岩上安身による立命館大学大学院・松宮孝明教授インタビュー (その4) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (その3)の続き  菅義偉総理は日本学術会議の6名任命拒否問題で、憲法15条の条文を持ち出して、 「公務員の選定・罷免権は国民にある。内閣総理大臣は国民を代表しているから 特別職の公務員である学術会議の会員を任命拒否できる」という暴論を振りかざ し始めた。  前回のインタビューで松宮氏は「憲法15条は内閣総理大臣に公務員の人事に関 して完全にフリーハンドを与える条項だと、菅総理は読んでいることになる」 「内閣総理大臣がすべての人事を掌握するならば、それはヒトラーを上回る独裁 政権になる」と危惧した。  「ヒトラーはワイマール憲法の中の緊急事態条項を使って自分に全権を委任す る授権法を多数で帝国議会に通した。菅総理の今回の言い方は、それすらやらな いで憲法15条が授権法だって言ってるわけです」。  こう訴える松宮氏に、授権法とは何か、ヒトラーはどのように権力を掌握して いったのか、詳しく解説していただいた。 ・立命館大学大学院法務研究科教授・松宮孝明氏(2020年10月27日)
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 岩上安身のIWJ特報!
  • フリージャーナリスト・ネットメディアIWJ代表の岩上安身が、自身の取材活動、100以上(現在増殖中)のIWJチャンネルから得た、大手メディアが報じない情報をお伝えします。
  • 880円 / 月(税込)
  • 不定期
  • テキスト形式