【GW特別号】絶好調のS&P500、伸び悩むTOPIX。日米株価格差に4つの元凶、日本はいつ追い抜く?

新天地の株式投資日記
  • 2021/05/02
    • シェアする
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 新天地の株式投資日記 2021年5月2日 GW特別号 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ いつもメルマガのご購読ありがとうございます。 本日は「GW特別号」をお送りします。 前半部分は、まぐまぐ公式メルマガ(MONEY VOICE)にも掲載されていますが、以下はその続きを含む全文となります。 ───────────────── ●絶好調のS&P500、伸び悩むTOPIX。日米株価格差に4つの元凶、日本はいつ追い抜く? ───────────────── ◆絶好調のS&P500、上がりきらないTOPIX 昨年の「新型コロナショック」で世界的な株価下落が起こったが、世界各国が財政出動や金融緩和を行なったことで、コロナの拡大にもかかわらず株価は世界同時に「金融相場」で上昇に転じた。 ところで、コロナ前、ちょうど24ヶ月前を4月を100とした場合、アメリカを代表する株価指標S&P500は140程度まで上昇しているのに対し、日本を代表する指数TOPIXは120程度までしか上昇していない。 [画像1] TOPIX・S&P500 週足(SBI証券提供) 昨年3月の大底を起点に考えると、4月下旬までにS&P500は75%近い上昇になったのに対して、TOPIXは50%ほどの上昇にとどまる。かなり大きい差が出たと言える。 これについて考察していく。今後の相場を考えるうえでもヒントがあるはずだ。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 新天地の株式投資日記
  • 発行者は証券会社の自己売買業務を経験後に退社。現在はデイトレーダー。メルマガはトレーダーの視点で東証とNYの市況解説(市場雑感)を中心に取引手法などを書いていきます。特に脱初級、中級の方向けに市場で何が起こっているのかと、取引手法や相場の考え方を書いていきます。また普段あまり書かれることが少ない空売り戦略や手法をプレーヤーの立場で書いていきます。 法規制により、具体的な銘柄商品の売買の指示や助言などはありません。あらかじめご理解をお願いします。
  • 5,500円 / 月(税込)
  • 毎週 水・土曜日(年末年始を除く)
  • HTML形式