【GW特別号】元国税が教える「ふるさと納税」の今と未来と賞味期限。節税で最大限「得する」ための考え方

大村大次郎の本音で役に立つ税金情報
  • 2021/05/05
    • シェアする
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 大村大次郎の本音で役に立つ税金情報 2021年5月5日 GW特別号 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 大村大次郎です。いつもご購読ありがとうございます。 本日は「GW特別号」をお送りします。 前半部分は、まぐまぐ公式メルマガ(MAG2NEWS)にも掲載されていますが、以下はその続きを含む全文となります。 有料メルマガ購読者様限定ですので、ぜひご覧ください。 ───────────────── ●元国税が教える「ふるさと納税」の今と未来と賞味期限。節税で最大限「得する」ための考え方 ───────────────── ◆あなたは「ふるさと納税」を知っていますか? みなさんは、ふるさと納税ってご存じですか? テレビなどで「ふるさと納税をすれば得をする」とさんざん宣伝されていますし、ニュースで報じられることも多いので、ご存じの方も多いはずです。 が、実際にふるさと納税をしている方はけっこう少ないはずです。 ふるさと納税というのは、ざっくり言えば、自分が好きな自治体に寄付をすれば、その分の所得税、住民税が控除されるという制度です。 具体的に言えば、自治体に寄付をすれば、所得税、住民税などが、寄付金から2千円を差し引いた額が還ってくるという制度です。たとえば、3万円寄付した場合、そのマイナス2千円、つまり2万8千円が還ってくるのです。つまり実質的には、2千円だけの負担ということになるのです。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 大村大次郎の本音で役に立つ税金情報
  • 元国税調査官で著書60冊以上の大村大次郎が、ギリギリまで節税する方法を伝授。「正しい税務調査の受け方」や「最新の税金情報」なども掲載。主の著書「あらゆる領収書は経費で落とせる」(中央公論新社)「悪の会計学」(双葉社)
  • 330円 / 月(税込)
  • 毎月 1日・16日
  • HTML形式