対中国姿勢を問われる菅政権

マンさんの経済あらかると
  • 2021/04/28
    • シェアする
対中国姿勢を問われる菅政権  菅政権にとってはまさに「内憂外患」。国内ではコロナの感染拡大で3度目の緊急事態宣言発出を余儀なくされながら、人の流れを抑えられない一方、米国のバイデン政権からは中国に対して厳しい対応をとるよう迫られています。米国も中国も日本にとっては重要な相手だけに、菅政権は苦しい対応を迫られています。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • テキスト形式