【渡辺勝幸3874号】天が大任を自分に降そうと考えられてのこと

渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン   第3874号 令和3年4月23日(金)発行   発行部数 11,660 部 【天が大任を自分に降そうと考えられてのこと】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【天が大任を自分に降そうと考えられてのこと】 わたくし(註:吉田松陰)が、 渡海計画の罪によって江戸の獄に繋がれると、 わが師佐久間象山も、連坐して逮捕され、 わたくしと一枚の壁を隔てておられました。 時に獄中に『四書』が一部あって、 象山は一日中、そのうちの『孟子』を誦読し、 特に本章を一日に一度、必ず誦読しました。 また本章の後に題する文をも記したことがあり、 その文の大意は、
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン
  • 【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,500日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
  • 660円 / 月(税込)
  • 日刊
  • テキスト形式