メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

☆セクシー心理学GOLD 第670曲~「疲れた」は「飽きた」だけ。☆

★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  セクシー心理学GOLD   2021-04-21  第670曲         「疲れた」は「飽きた」だけ。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ こんにちは。ゆうきゆうです! みなさまいかがお過ごしでしょうか。 今回は、こんな話をお届けいたします。 ◆ あなたのやる気のなさは、何が原因? さてあなたは、毎日やる気が湧いていますか? または今の仕事や、今の勉強を、好きですか? 自分に合っていると思いますか? もしその答えがNOなら…。 今夜の話は、劇的に参考になると思います。 ◆ ただ単に「飽きた」だけ。 実はミュンヘン大学のラインハルト・ペクランは、学生を対象にしてアンケー トを取りました。 すると大学の講義に「飽きた」学生は、その92.3%が 講義にたいして「やる気を失った」と答えていたそうです。 すなわち本人が「やる気を失った」と思っていても、実はただ単に「飽きてい ただけ」という可能性もあるのです。 たとえば一つの仕事をずっとやっていたとします。 このときに「もうこの仕事疲れた…」「もうこの仕事に情熱を失ってしまった… 」なんて思う人もいるかもしれません。 しかしそれ、結局のところ、ただ単に「飽きた」だけであるというわけです。 ◆ 食事や異性で思うなら。 たとえるなら、食事と同じです。 毎日毎食、同じ食事をずーーーっと与えていると、その人はもしかして 「何か、食欲がなくなってきた…」 「食べることへの情熱がなくなってきた…」 なんて思うかもしれません。 しかしそれは結局「飽きた」だけ。 別の食べ物を与えると、突然に食べ始める可能性もあります。 また異性への気持ちなども同じです。 同じ相手とずっとデートしていたり、またはずっと暮らしていたりすると、も しかしてその相手に慣れが生じてしまう可能性もあります。 そのときに 「あぁ、もう自分は枯れてしまった」 「異性への気持ちが落ちついた」 なんて思うこともあるかもしれません。 しかしそれも結局、やはり「飽きている(失礼ですが)」だけだったという可 能性もあります。 その結果、別の魅力的な異性を見つけたときに、衝撃を受けてしまいます。 「あぁ、忘れていた恋の気持ちを思いだした…!」 「今まで失われていた情熱を、この人が思い出させてくれた…!」 そんな風に必要以上のインパクトを感じてしまい、それゆえに「本気」になり すぎてしまう可能性もあるのです。 でも実は、重ねてそれは「今の相手に飽きていた」というだけ。 決して「異性への気持ちを失っていた」というわけではないのです。 このあたり、非常に面白い心理だと思うのですが、いかがでしょうか。 すなわち人間は、個別の対象にたいする慣れや飽きを、 「すべてにたいするやる気」にすり替えてしまうわけです。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • ★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★
  • 読むのはたった1号で構いません。 人間心理を裸にして、あやつる技術を、精神科医がお教えします。「伝説の美女・小野小町の使っていた心理技術」「人間を声だけで見抜く方法」「バレないウソをつく方法」などなど、読んでいるだけで楽しめるトピックが満載。一度でいいので、のぞいてみてくださいね。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 第1水曜日・第3水曜日(年末年始を除く)