[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.494]『NYタイムズ』も言い出した東京五輪延期・中止論

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.494 2021.4.19                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》 【1】《INSIDER No.1095》    不要不急の外遊なんかしている場合じゃないでし    ょう、菅さん!ーー『NYタイムズ』も言い出した    東京五輪延期・中止論 【2】《CONFAB No.494》閑中忙話(4月11日~17日) 【3】《FLASH No.407》    辻褄あわせ 高齢者接種も“やってるフリ”のワ    クチン後進国ーー日刊ゲンダイ4月15日付「永田    町の裏を読む」から転載 【4】《SHASINNo.433》付属写真館 ■■ INSIDER No.1095 2021/04/19 ■■■■■■■■■ 不要不急の外遊なんかしている場合じゃないでしょう、 菅さん!ーー『NYタイムズ』も言い出した東京五輪延 期・中止論 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  国民に対して「不要不急の外出」の自粛を要求してい る最中に、その国内の深刻化するコロナ禍を後に自分が 「不要不急の外遊」に出かけるというのは、いかにも辻 褄が合わないのではないですか、菅義偉首相。  本誌が前々から指摘してきたように、4月にリバウン ド、5月から6月に第4波が盛り上がって7月にピーク か? という多くの信頼すべき専門家の予測はその通り となり、余り信頼すべきでない専門家である尾身茂=政 府分科会会長でさえも「第4波と言って差し支えない」 と公言している。さらに15日には自民党の二階俊博幹事 長がTV番組の収録で「感染拡大が収まらない場合は中止 も選択肢」と、この人にしては珍しく正しいことを言っ て波紋を呼んだ。  この瀬戸際の状況では、総理大臣はその最前線に留ま って指揮をとる姿を国民に晒し、何としても第4波を抑 え込んで五輪を実現するのだという確固たる姿勢を示さ なければならないはずなのに、そこを外して、訪米で成 果を挙げればコロナ対策での躓きをカバーして支持率を 上げられるかもしれないと思うところに、政局戦術はあ るが政治戦略は不在の菅の限界が表れている。 ●希望的観測だけでは五輪は開催に漕ぎ着けない?  ところが、これも本誌が前々から言うように、菅の政 治判断はいつでも「希望的観測」最優先である。 (1) 五輪までは3度目の「緊急事態宣言」は絶対に出さ ないようにしたい〔という大前提に立って〕。 (2) とはいえリバウンドがありうるので、その場合は 「まん延防止等重点措置」という、緊急事態宣言よりは ちょっと緩めなのかという印象を与える言葉の綾だけに 頼って、実質はほとんど同じ「外出自粛と店舗時短」だ けで何とか乗り越えられないか。 (3) 聖火リレーも、始めてしまえばだんだんお祭り気分 が盛り上がり、聖火リレーが始まっているのに今更五輪 の延期・中止はありえないという国民の意識が高まるだ ろう。 (4) その辺りでちょっと目先を変えるジャブで、訪米を セットする。バイデン米大統領と世界で最初に対面した 他国の指導者であり、それほど菅は米国に重視されてい る大物なのだということを、対内的にアピールしたい。 (5) 以上が全部希望通りに転がれば、東京五輪は実現 し、その“成功”を背景に9月解散・10月総選挙、そこ そこの勝利で菅政権は継続……。  という、すべてが最も楽観的な方に針が振れた場合の 見通しに基づいて、シナリオが組み立てられている。 ●早くも足元から崩れ始める超楽観シナリオ
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日
  • テキスト形式