銀行に100万円定期預金して金利は20円。それでも国民の半分は何とも思っていない

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
No.462 (2021年04月11日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 銀行に100万円定期預金して金利は20円。それでも国民の半分は何とも思っていない - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 2021年4月1日現在の定期預金の金利を年利率、税引前で調べて見ると、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行のどれを見ても、0.002%になっていた。1年間に100万円を預けるといくらになるのか。 20円である。 3年ほど前はどれも0.01%だった記憶がある。100万円預けて年に100円しかつかないので、こんな馬鹿げた話はないと3年前に言った。しかし、今は100円どころか「20円」なのだから、もはや言語道断の域に達したと言える。 一方でATMで無料時間外に利用すると、100円から300円近くを「手数料」として取られることになる。振り込み手数料も、金額によって200円から400円、場合によっては600円から800円以上を取ることもある。 自分の金を出し入れするだけで、実質的に目減りしてしまうのが日本の銀行の現状だ。さらに最近は紙の預金通帳も発行に1100円の手数料がかかる仕組みとなっている(みずほ銀行・三井住友銀行)。 銀行のサービスを下手に利用すると金が減る。 金利などまたたく間に吹き飛んでいく。 こんな状況であっても「銀行は信頼できるからこれでいい」と言っている人がいるのだから日本人は...
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日
  • テキスト形式