融資審査の本音塾 第212回:新型コロナ対策融資の据え置き期間は、延長できるのか?交渉方法は?

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾
新型コロナウイルス感染者が、また、増加傾向にあるなか、借入した新型コロナ対策融資で、据え置き期間が終了し、返済が始まるという、中小企業、個人事業主さんが、いらっしゃいます。 今回のメルマガは、 ■ 新型コロナ対策融資の据え置き期間は、延長できるのか?交渉方法は? ■ 元銀行融資審査課長で、豊富な資金繰りサポートの実績がある、銀行対策コンサルタントが、解説します。 【 今回のメルマガで、得られる効果 】 新型コロナ対策融資の据え置き期間の延長や交渉方法を理解でき、今後の資金繰り対策に、役立ちます。 【 目次 】 1.融資の据え置き期間とは?リスケ(返済猶予)との違いとは? 2.新型コロナ対策融資における、据え置き期間の現状 3.新型コロナ対策融資の据え置き期間は、延長できるのか?交渉方法は?
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾
  • 株式上場実績5社! 一方で、融資した企業の倒産経験も・・・ リスクを恐れずに、融資をしてきた元銀行員だから書ける、「融資審査の本音」。 起業段階から上場企業融資、事業再生・債権回収責任者を務めた、元銀行融資審査役職者です。 中小企業の社長のために、銀行が融資をしたくなるような銀行取引対策、資金繰り改善・会社再生方法などを情報発信しています。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 第1水曜日・第3水曜日(年末年始を除く)
  • テキスト形式