[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.492]4月リバウンド、5月緊急事態、7月感染ピークか?

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.492 2021.4.5                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》 【1】《INSIDER No.1093》    4月リバウンド、5月緊急事態、7月感染ピーク    か?ーー「まん坊」という逃げ腰の対応でますま    す泥沼へ 【2】《CONFAB No.492》    閑中忙話(3月28日~4月3日) 【3】《FLASH No.402》    空疎な「日米同盟深化」演出で支持率上昇狙う猿    芝居の哀れーー日刊ゲンダイ4月1日付「永田町    の裏を読む」から転載 【4】《SHASIN No.431》付属写真館 ■■ INSIDER No.1093 2021/04/05 ■■■■■■■■■ 4月リバウンド、5月緊急事態、7月感染ピークか? ーー「まん防」という逃げ腰の対応でますます泥沼へ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  全国的な感染状況は、明らかにリバウンドから第4波 の爆発へという危機的な様相を示していて、このまま行 けば、3月21日の緊急事態宣言の全面解除の前後にすで に多くの信頼すべき専門家が懸念していたように、5月 連休明けにも再度の緊急事態宣言、それでも抑え切れず に7月に入り第4波がピークに達することもありえよ う。  上昌広=医療ガバナンス研究所理事長は「変異株が主 流になれば、夏の流行が拡大し始める4~5月に感染者 数が一気に増え、7月の五輪開催時にピークになる可能 性が高い。緊急事態宣言下の大会になりかねない」と述 べている(サンデー毎日4月11日号)。  そうなる以前の4月2日段階ですでに国際水泳連盟 (FINA)は、4月から5月にかけて日本で開かれる予定 だった、 (1) 飛び込みのW杯兼五輪最終選考会(4月18日~) (2) アーティスティック水泳の五輪予選(5月1日~) (3) オープンウォーターの五輪予選(5月29日~)  の3大会を中止する可能性があることを日本側に通告 していた。理由は、一言でいえば日本のコロナ対策の不 備で、具体的には、日本側がコロナ対策の費用負担を FINAに求めていること、審判など関係者が入国後に少な くとも3日間の隔離を義務付けていること、などに不満 と不安を抱き、一部は渡航を拒否しているためである。  当たり前の話で、日本が感染の抑え込みに見事に成功 して、さあ世界の皆さん、安心して日本に来て気持ちよ く競技に取り組んで下さいとお迎えし、それこそ“おも てなし”しなければならないというのに、リバウンドか ら第4波の爆発に向かうかというホストである日本人自 身も恐怖せざるをえない状況の真っ只中に、来たいなら コロナ対策費を分担し、隔離ルールにも従いなさいとい うのでは、世界の役員・審判・選手の一体誰が喜んで来 るだろうか。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日
  • テキスト形式