メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

457回「文在寅政権の敗北は決定的・・・ソウル市長選挙で窮地に陥る文在寅大統領」

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)
  • 2021/04/04
    • シェアする
さて、朴映宣(パク・ヨンソン)候補といえば、文在寅政権で中小ベンチャー企業部長官として反日を扇動してきた人物である。もともとMBCの記者で東京特派員として知名度もある。2019年6月、日本政府が半導体素材が北朝鮮やイランに横流しされている恐れがあるとして、輸出管理強化や韓国をホワイト国リストから除外に踏み切ったことを覚えているとおもうが、それを韓国政府は「輸出規制」と大反発。 そのときの先頭に立ったのが朴映宣氏で、「日本との経済戦争で勝利する」と反日言動や日本製品の不買運動、ノージャパンを繰り返した。「素材を100%国産化する」「韓国の中小ベンチャー企業は部品と素材産業の独立宣言を準備しなければならない」と脱日本依存の脱却を宣言するが、2年経過しても脱日本依存は出来ていない。政治的には野党の親日派を売国奴と呼んだりして反日全開であった。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)
  • 数年ごとに起きるデフォルト危機。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。THAAD配備で米中と蝙蝠外交を続ける文在寅政権。日韓慰安婦合意もそのうち破棄される!? 中国の属国化へと突き進む2017年。並行してスタグフと失業率増加に悩まされる現実。そして、1400兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。管理人は家計債務危機で2020年に韓国経済が破綻すると予想している。 韓国経済の真の問題点とは何なのか?投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。
  • 319円 / 月(税込)
  • 毎月 第1日曜日・第2日曜日・第3日曜日・第4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)