国民の静かな反乱に屈した政府

マンさんの経済あらかると
  • 2021/03/19
    • シェアする
国民の静かな反乱に屈した政府 「宣言延長しても打つ手がない」  政府は18日、新型コロナウイルス対策に関する諮問会議を開き、東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県に対する緊急事態宣言を21日の期限をもって解除することを諮問、了承されました。表向きはすでに新規感染者数が減り、病床のひっ迫度合いも改善されたので、経済に負担となる宣言を解除する、ということになっています。  しかし、実態は時短要請を伴う緊急事態宣言を延長しても、感染抑制につながる手が打てず、行き詰まり感が強まっていました。現に、首都圏の4都県では、宣言延長後の人出がむしろ増えていて、国民が自粛疲れか、宣言慣れしたか、はたまた政府が有効な改善策を打ち出せない中で、国民にだけ自粛を要請することに、静かな反乱がおき、これに対処できなくなったともいえます。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • テキスト形式