メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

政権浮上のために無理やり東京五輪開催のスガーリン~ 巨額の税金追加投入に本当に意味はあるのか?

今市的視点 IMAICHI POV
  • 2021/03/13
    • シェアする
*********************************************************  今市的視点 IMAICHI POINT OF VIEW  金融、経済、政治、企業といった領域でのニュースや トピックスをテーマに独自の視点で鋭く切り込みます  ツイートアカウント @imaichitaro  よろしかったらフォローもお願いします。      3月13日号 ********************************************************** 政権浮上のために無理やり東京五輪開催のスガーリン~ 巨額の税金追加投入に本当に意味はあるのか? 既に巷の報道では、7月の東京五輪に外国からの観客 は組織委員会が受け入れ断念といった記事も出ています が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本 聖子新会長は3月25日からの聖火リレーのスタート までに決定すると言っており、さらに国際オリンピック 委員会のバッハ会長は4月の終わりが適切などと訳の 判らないことを依然口走っている状況で、本当は既に 諦めている外国人観光客の受け入れの中止すらまともに 発表できないモラトリアム状態に陥っています。 そんな中、2020東京五輪のアスリート、チーム役員 向けの公式プレーブックなるものが公開され、英文に 加え法文のプレイブックも開示されたことからその レギュレーションの厳しさが改めて注目されています。 ■こんな厳しい制限で本当に選手は来日するのかという内容 このプレイブックを読み込んでいきますと、とにかく厳しい 制限が設定されていることに気づかされます。 まず日本滞在の最初の14日の活動計画書を事前提出する ことが義務付けられており、選手は指定された選手村に 入ったら事実上どこへも外出できない雪隠詰めにあうこと が記載されています。事前に検査を受けて入国することは 当たり前ですが、試合の前は最大でも5日前に入国という ことで早めに到着して体調を整えるなどということは一切 できず、フリータイムに食べ歩いたりショッピングや観光 に出かけることは一切認められず、試合が終わったら48時間 以内にとっとと帰国の途につくことが強制されています。 あらかじめ国内に競技ごとに設定されたホームタウンでの 日本の国民との交流などというのは全面中止の状況です。 また滞在4日ごとに検査を行うことになっており、選手と チーム関係者少なくとも2万人以上いるであろう人数を 果たしてだれがどのようにPCR検査を行うのかも大きな 疑問が生じるところです。まあこれで本当に世界から アスリートが来日する気になるのかどうかというのが 現実的な問題になってきています。今週選手村に16万個 もコンドームが配られるということをメルマガに書きました が、選手村でのお楽しみは本当にそうした中にいる人間 同士の性的行為位しかないのかもしれない状況です。 ■開催することだけが重要という菅政権の目論み 観客がどこまで認められるのか、スポンサーは来日できるのか など細かな部分はまだこれから決定するのでしょうが、この 五輪の開催では本来の開催による成果などは殆ど実現する ことはできず、とにかくNBCが提供するオリンピック番組 を通して東京五輪だけは開催することができ、その中身の レベルについては殆ど気にしない意向であることがはっきり 見えてきます。 菅政権にとっては総務省接待問題なども次々露見してもはや 政権継続が風前のともしびとなってきている中で、無理やり 東京五輪だけは開催することで政権支持拡大で浮揚をはかり たいのでしょうが、ここまでの収容所五輪のような状況で 既に限られた経済効果しか出ないものに追加の莫大な税金を 投入してまで強硬開催する意味がどこにあるのかが大きな 問題になってきています。 ■開催の意義は果たしてどこにあるのやら すでに菅首相はこの東京オリパラの開催を復興五輪とは 呼ばなくなっていますし、新型コロナに打ち勝ったわけでも ない中で、戦時中の断末魔における本土決戦にも見えてくる 始末で、国民の意見も反映させずに強硬開催することが正しい のか真剣に考える時間に差しかかっていることを強く感じ させられます。ここからは国内でも感染再拡大が起こる可能性 は強く、ややもすれば国内外ともに観戦者なしのテレビ五輪 になる危険性はまだまだ残されています。中国政府はこの 開催に向けて効くのか効かないのかよくわからないワクチンを 大量提供してなんとか実施不能だけは回避させて自国の来年の 冬のオリンピックにつなげたいようですが、もうどの国も 猛烈な政治的イベントにオリンピックを使おうとしている 状況は開催前から辟易とさせられます。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 今市的視点 IMAICHI POV
  • これまで今市太郎の戦略的FXというタイトルのメルマガで様々なテーマを扱ったメルマガを展開してご好評をいただいてきましたが、今回FXとは別に金融、経済、政治、企業といった領域でのニュースやトピックスをテーマにしてメルマガを発行してほしいというご要望にお応えして独自の視点で問題や先行きを切り込んでいくべく新たなメルマガを発刊いたしました。その名も今市的視点。内容的には当然金融市場をはじめ世界・国内経済、政治、政権、様々な業界、個別企業など幅広い領域から注目すべきトピックスについて解説を加えてまいります。相場が動かない土日を中心にして配信し、すぐに扱いたいテーマは号外の形で配信を予定しております。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 日・土曜日