神垣あゆみ【仕事のメール心得帖】Vol.97 <メールの敬語>気になる敬語

仕事のメール心得帖
今週のテーマは【 メールの敬語 】です。 使い方を注意したい敬語表現として  1.「親しくさせていただく」  2.「社長をやられていた」  3.「お時間があられる」  4.「お気遣いなさりませんように」 について解説します。 ─────────────────────────────────── < 気になる敬語 > 1. 「親しくさせていただく」 ─────────────────────────────────── 確かに敬語を使っているのだけれど 結果的に、おかしな文章になっていることがあります。 例えば、「いただく」の使い方。 芸能人のブログコメントで見かけた例を挙げてみましょう。 「○○さんと親しくさせていただくこととなりました」 この場合、○○さんと親しくすることに 相手の許可や同意を得る必要はないと思うのですが…。 「○○さんと(親しく)お付き合いしています」 「○○さんと親しくなりました」 と言い切った方が、このかたの好感度はもっと上がったのでは? と余計な心配をしてしまった次第。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 仕事のメール心得帖
  • 仕事でやり取りするメールの基本、押さえていますか? レスポンスを早くし、コミュニケーションをスムーズにするメール対応のヒントを紹介します。 今まで何となく送っていたメールも、このメールマガジンを読んで即実践すれば、相手のこころに響くメールがするっと書けるようになります。好感度がアップするメール対応でコミュニケーション上手に! 仕事の能率アップで働き方を改善しましょう。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日
  • テキスト形式