長期金利上昇の要因、当局と市場の見方

マンさんの経済あらかると
  • 2021/03/10
    • シェアする
長期金利上昇の要因、当局と市場の見方  米国の長期金利上昇についての見方が、当局と市場とで分かれています。米国10年国債利回りは、昨年8月に一時0.5%まで低下しましたが、その後上昇を続け、先週には1.6%をも超えてきました。FRB(連邦準備制度理事会)は春にインフレが一時的に高まることは認めながら、これまでの金利上昇を問題なしと受け入れています。しかし、市場の受け止め方は少し異なるようです。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • テキスト形式