[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.486]コロナ禍の国際政治学

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.486 2021.2.22                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》 【1】《INSIDER No.1086》    コロナ禍の国際政治学    ーー「多国間主義」と言うなら中露印を巻き込ま    ないと 【2】《CONFAB No.486》閑中忙話(2月14日~20日) 【3】《FLASH No.396》    人類のために五輪開催を諦めるという転換はでき    ないのかーー日刊ゲンダイ2月18日付「永田町の      裏を読む」から転載 ■■ INSIDER No.1087 2021/02/22 ■■■■■■■■■ コロナ禍の国際政治学 ーー「多国間主義」と言うなら中露印を巻き込まないと ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  2月19日にジョンソン英首相の主宰で開かれたオンラ インによる主要国首脳会議(G7)が、途上国・貧困国向 けにコロナ・ワクチンを広く供給するための国連=WHO の「COVAX」枠などに7カ国計75億ドル(約7900億円) を拠出することで合意し、「21年を多国間主義のための 転換点とする」と声明したのは、まことに結構なことで ある。  というのも、テドロス・アダノムWHO事務局長によれ ば「現時点では世界人口の16%にすぎない富裕国が世界 のワクチン供給量の60%を購入」していて、ほとんどの 低所得国には届いていない。別の言い方をすると、これ までに接種された1億2800万回分のワクチンの4分の3 以上が、世界のGDPの60%を占めるわずか10カ国で接種 されている反面で、25億人の人口を抱えるほぼ130カ国 ではまだ1回目のワクチン接種も行われていない。さら に、国際NPOオックスファムの調査によると、カナダは すでに全人口に5回の接種をするだけのワクチンを確保 しているが、途上国を中心とする67の国では今年中に接 種を受けることができるのは10人に1人にとどまる見通 しであるという。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日
  • テキスト形式