回転で打つ方法2 回転でボールを打つための身体の使い方 捻じれと回転

HARADAGOLFメルマガ 基礎から学ぶ 飛ばしの真実
■ はじめに 今回の回転でボールを打つということが 今月のテーマですが 回転で打つときに注意しなければならないことが 一つだけあります! それは振り遅れです 回転で打つ意識を持つ場合 身体の回転が速くなればなるほど クラブや腕がついてこれずに 振り遅れて行きやすい ただこの振り遅れを解決できれば 飛距離は格段に伸ばすことができる 1番重要なのはダウンスイングです ポイントは 切り返しの瞬間 ココのスピードのコントロール これを覚える必要があります ここで急いでしまうと 自分が先に先行しすぎて クラブヘッドが遅れていく これをやってしまうと振り遅れてしまう ココは解決しておきたいところ! ただどうやっても 振り遅れてしまう! そういう方もたくさんいらっしゃると思います! もしくは切り返しで あまりゆっくりするのではなく クラブをシャープに振りぬきたい! そんなプレイヤーもいるはずです その場合ドライバーを変えるのも手です! というのも 現代のゴルフクラブの形状は とにかくデカヘッド! 重心距離が長い大きなヘッドのドライバーは ヘッドが返りにくい構造になっています! なので クラブの総重量を少し軽くするか シャフトの長さを44インチくらいに短くする そして 小ぶりのヘッドのドライバーに変える 小ぶりとは具体的には 大体400 CCを切るか切らないか位のヘッドで 重心距離は40ミリ以下のちょっと小さいヘッドです このぐらいのクラブで打つ場合シャープに フェイスローテーションきかせて 鋭く打っても振り遅れることはありません! ただ今の話は ヘッドスピードが40m/sを超える ある程度スピードを生み出せるプレーヤー限定です! ヘッドスピードが遅いプレーヤーが シャフトを短くして小さいヘッドをで打っても あまり距離は期待できないので気を付けてください! 今のゴルフクラブは力のない方でも スウィートスポットの大きなドライバーでゆったりと打つ! コレで十分だということも加えておきます! つまり 長尺ということで言えば 46インチのシャフトで重心距離45ミリ位 ゆったりとフェイスローテーションを抑えたスイングする 切り返しで急がず あまり無理せず飛ばすことができるのです! 身体の回転で打つ場合の豆知識として 覚えておくと今後のゴルフクラブを選択するうえで 今月のメルマガのテーマのヒントになるのではないでしょうか! では 本題に移りたいと思います!
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • HARADAGOLFメルマガ 基礎から学ぶ 飛ばしの真実
  • こんにちは! 北海道札幌市でゴルフスクールを主宰している原田修平と申します! 私は、163センチしかありません。筋肉ムキムキでもない! でもその小さい体でなぜ300y飛ばせるのか? その技術を私が発信しているブログや色々なメディアでの内容は、主に応用です。 しかし基礎ができていないと応用というのは生兵法にしかなりません! このメルマガでは 一般的にお話していない秘密 私が考える基礎を一挙公開! この基礎をしっかりやることでゴルフの技術や飛距離は、飛躍的に伸びます! 皆さん! ご一緒に基礎を学んでみましょう!
  • 5,500円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • HTML形式