長期金利上昇をめぐる当局と市場の戦い

マンさんの経済あらかると
  • 2021/02/19
    • シェアする
長期金利上昇をめぐる当局と市場の戦い  連休明けとなった今週のニューヨーク市場で長期金利が大きく上昇し、値動きも荒くなりました。米国の景気回復期待に加え、財政金融政策両面から追加支援策が期待できるとの思惑で「リフレトレード」という言葉が出るようになりました。昨年8月に0.5%まで下げていた10年国債利回りが17日には一時1.333%まで上昇し、株にも重しとなりました。 
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • テキスト形式