全豪オープンにみる東京五輪への示唆

マンさんの経済あらかると
  • 2021/02/15
    • シェアする
全豪オープンにみる東京五輪への示唆 「無事開催された全豪オープン」  夏の東京オリンピック・パラリンピック開催が危ぶまれています。組織委員会の森会長が女性蔑視ともとれる発言をしたことから、スポンサーの米NBCが五輪精神に反する発言として、辞任を求めたことも、夏の東京五輪開催に大きな負担をもたらしています。このまま大会を開催するには、ハードルが一段と高くなりました。  その点、スポーツの国際大会中止が相次ぐ中で、テニスの4大国際大会の1つ「全豪オープン」が無事開催され、多くのファンを安堵させました。当初は観客を入れ、「密」を避けるために間隔は取りましたが、マスクをせずに応援する観客の姿が多く見られました。 しかし、メルボルン市の帰国者用のホテルで感染者が出て、しかも感染力の強い英国変異型と分かり、メルボルンのあるビクトリア州全土で急遽、5日間のロックダウンが実施されました。このため、全豪オープンも13日から17日までは無観客試合となりました。こうした州の対応に、五輪開催に向けてのヒントがありそうです。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • テキスト形式