時代は変わっても自分の性格は変わらない。ここを間違えたら一生苦しむ

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
■ No.453 (2021年02月07日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 時代は変わっても自分の性格は変わらない。ここを間違えたら一生苦しむ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 今後、インターネットのインフラは「5G」によって100倍の通信速度と1000倍のトラフィックとなっていくので、インターネットのコンテンツは文字ではなく動画にシフトしていくのは避けられない動きと化す。 それに合わせてテレビの凋落はますます激しいものとなっていき、今後はインターネットで動画を配信して成功した人が時代の寵児となる。 現在は、インターネットでの動画配信と言えばYouTube一強独裁なので、こうした人たちは「ユーチューバー」と呼ばれているのだが、ここ10年でYouTube以外の環境も揃っていき、状況はどんどん変わっていくだろう。 ちなみに、現在「ユーチューバー」として食べている人たちは約2000人である。 ユーチューブの視聴者は日本では約6500万人いるのだが、その中で職業的ユーチューバーはたったの2000人だから、私はここから10年でユーチューバーが10倍にも100倍にもになってもおかしくないと思っている。 ちなみに食べていける芸能人の数は1万1000人くらいである。ユーチューバーはこれくらいの数になってもまったくおかしくない。 「もうユーチューバーという職業は終わり」みたいなことを言っている人もいるが間違っている。私に言わせれば、まだ全然足りていない。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日
  • テキスト形式