神垣あゆみ【仕事のメール心得帖】Vol.92 <基本のメール作法>メールで気をつけたいこと

仕事のメール心得帖
今週のテーマは【 基本のメール作法 】です。 メール送信の際、うっかり見落としてしまいがちな点と配慮すべきポイント を紹介します。  1.転送する時の留意点  2.長すぎる署名  3.引用の目安  4.流行り言葉や絵文字の多用 ─────────────────────────────────── < メールで気をつけたいこと > 1.転送する時の留意点 ─────────────────────────────────── ▼ 転送の意図を明記  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 受信したメールを、自分以外の誰かに転送する場合。 メーラーの「転送」ボタンを押せば、転送したい相手に送ること ができます。 このとき件名には「Fw: 」が付き、送信されてきたときと同じ 件名が続きます。 受け取った相手は、それで転送メールと判断がつきますが、 その転送メールが「何のために」「どういう意図から」送信されたのか までは分からない場合があります。 「興味深いメルマガの記事を見つけたので、参考までに転送します」 「客先から下記のメールをいただきましたので、お知らせまで」 という具合に、冒頭にひと言、転送する意図を書き込んで送ると、 読む側にも内容が伝わりやすいです。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 仕事のメール心得帖
  • 仕事でやり取りするメールの基本、押さえていますか? レスポンスを早くし、コミュニケーションをスムーズにするメール対応のヒントを紹介します。 今まで何となく送っていたメールも、このメールマガジンを読んで即実践すれば、相手のこころに響くメールがするっと書けるようになります。好感度がアップするメール対応でコミュニケーション上手に! 仕事の能率アップで働き方を改善しましょう。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日
  • テキスト形式