メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く
前にもこのメルマガに書いたが、看護師に限らず、病院の事務業務がかなり増えているらしい。 やっと仕事を終えて、食事をしようとすると8時過ぎにどこの店もあいていなかったとのことだ。 この人は女性で料理ができるからいいが、疲れ切った体で、コロナと闘う病院スタッフが自炊しないといけない不条理は許せない。 それなのに、国会議員を接待する銀座のクラブはちゃんとあいているらしい。 この不条理は何なのか? 入院拒否は刑事罰にならないで済んだそうだが、人々にこのような生活を課している与党議員が、それを違反してクラブのお姉さんの接待(彼女たちの陳情を聞いていたそうだが)を受けるほうがよほど刑事罰の対象にすべきでないのか? この領収書がどうなっているのかも開示義務があるだろう。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 和田秀樹の「テレビでもラジオでも言えないわたしの本音」
  • 世の中のいろいろなことにたった一つしかないと考え、それを信じ込むことは、前頭葉の老化を進め、脳に悪い。 また、それが行き詰った時に鬱になるというメンタルヘルスにも問題を生じる。 ところが日本では、テレビでもラジオでも、○○はいい、××は悪いと正解を求め、一方向性のオンパレードである。 そこで、私は、世間の人の言わない、別の考え方を提示して、考えるヒントを少しでも増やし、脳の老化予防、メンタルヘルス、頭の柔軟性を少しでもましになるように、テレビやラジオで言えない暴論も含めて、私の考える正解、私の本音を提供し続けていきたいと思う。 質問、相談、書いてほしいテーマ等、随時受付。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 土曜日(年末年始を除く)