バイデン政権で最も注視すべきなのは国防長官ロイド・オースティンである理由

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
■ No.451 (2021年01月24日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 バイデン政権で最も注視すべきなのは国防長官ロイド・オースティンである理由 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 2021年1月20日の就任式を経て、アメリカはジョー・バイデン大統領の下で新しい政治が行われるようになる。バイデン大統領は着任早々、地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」に復帰し、WHO(世界保健機関)からの脱退の撤回を命じて、グローバル志向を鮮明に打ち出した。 そして、アメリカは「4つの危機」に直面していて、10日以内にこの4つの危機に対して具体策と対応を発表すると述べた。バイデン政権が注視している「4つの危機」とは以下のものである。 1. 新型コロナウイルス 2. 経済危機 3. 気候変動 4. 人種問題 今のアメリカは世界最悪のコロナ汚染国家となっている。すでにワクチンは完成しているので、これをいかに迅速かつ効率的に配布してコロナ禍を収束させるかが最大の焦点となっている。これがバイデン政権の喫緊の課題である。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日
  • テキスト形式