メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

西側の技術封鎖! 中国は間違いなく「巣ごもり破綻」

勝又壽良の経済時評
  • 2021/01/18
    • シェアする
新長征は自滅への一歩 習氏が中国の鍵を握る 思想的土壌が発展阻害 人縁社会が限界を生む 習近平氏は、第二の毛沢東を目指している。敵と妥協せず、遠回りしても「目的完遂」という勝利の方程式の再現を目指している。毛沢東の率いた「長征」は、江西省瑞金を1934年10月に出発し、国民党軍と戦いながら約1万2500キロにわたる大行軍で、35年10月に陝西省北部へ移動した歴史的行軍である。苦難と闘いながら目的を達成する。中国共産党は、この革命精神を以てすれば、不可能なことはないという教訓を引き出している。 習氏は、現在の米中対立の長期化を「新長征」と称している。苦難の時期を乗り越えれば、毛沢東と同様に最後の勝利を得られるという信念を、共産党と国民に向けて説いているのだ。毛沢東の率いた「長征」が革命政府樹立に繋がったのは、日本敗戦という予期せざる突発的事態が起こった結果である。この点は、毛沢東も率直に認めている。英国の歴史家アーノルド・トインビーは、毛沢東の勝利は独力で成し遂げたものでなく、日本敗戦の副産物と指摘している。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 勝又壽良の経済時評
  • 経済記者30年と大学教授17年の経験を生かして、内外の経済問題について取り上げる。2010年からブログを毎日、書き続けてきた。この間、著書も数冊出版している。今後も、この姿勢を続ける。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 木曜日(年末年始を除く)