メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

210116-1 ビジネス知識源プレミアム:ついに国家機密情報の開示か

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■   <1ヶ月にビジネス書5冊を超える知識価値をe-Mailで>    ビジネス知識源プレミアム(週刊:660円/月):Vol.1123 主題:ドル仮想通貨までの「お金」の正しい歴史(10) <Vol.1123:日本の主流派の論の、テキスト分析> 2021年 1月 16日(1):主流派のメディアと論説の構造 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 過去の論考/業務の案内 http://www.cool-knowledge.com/ 有料版の登録/解除  https://mypage.mag2.com/Welcome.do  購読方法や届かないことについての問い合わせ         → Reader_yuryo@mag2.com 著者Systems Research:S.Y.  *スマホ用の改行なしと、PC用の改行ありを送っています。   臨時号のときは、改行ありだけを送ることがあります。 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ アンケートへのご協力、ありがとうございます。数え切れなくなりました。いま、900通くらいでしょうか。1000通まではない印象です。 1時間平均で100通くらいが来ています(16日:午前0時)。 全体の分分析は、メールが減る数日後に行って、その後、評価を送ります。 トランプの予告があった緊急放送、まだ見つけていません。遅れているのでしょうか。それとも、カットされたのか。カットとすれば、困ったものです。Youtuberは、新しい情報がとれず苦労している様子。 NEWSメディア以外には、月刊の外交問題評議会の機関誌、『Foreign Affairs(右派)』と、週刊誌『News Week(左派)』も購読しています。2020年10月までは、両方を米保守派の典型と分類していました。 他にも数誌とっていましたが、今はインターネット記事も多いのでやめました。日本語では、雑誌の「Dマガジン」。雑誌100誌くらいが、読み放題です。さっと見るだけです。『週刊文春』と『新潮』は家人が、少し遠い書店から配達してもらって読んでいます。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで
  • ●最新かつ普遍的なビジネスの成功原理と経済・金融を、基礎から分かりやすく説いて提供 ●時間がない、原理と方法の本質を知りたい、最新の知識・原理・技術・戦略を得たいという方に ●経営戦略・経済・金融・IT・SCM・小売・流通・物流を、基礎から専門的なレベルまで幅広くカバー ■新規申込では、最初の1ヶ月間が無料です。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎週 水曜日