第624回 「Qアノン」の正体とはなんだったのか? マヤカレンダーが明らかにするAIの意味 その1

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 第624回 「Qアノン」の正体とはなんだったのか? マヤカレンダーが明らかにするAIの意味 その1 …━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… ▼今回の記事 今回はメインテーマとして、次第に明らかになりつつある「Qアノン」の実像について紹介する。すべてが明らかになったわけではないが、そのアイデンティティーを示す有力な情報が得られた。 最後に、スイスの生物学者で著名なマヤカレンダーの解釈者、カール・ヨハン・コルマン博士の基本的な考え方を紹介する。 ▼「Qアノン」の実態を示唆する情報 それでは早速今回のメインテーマを書く。「Qアノン」の実態と、そのアイデンティティーを示唆する情報である。興味深いことが分かった。 6名が死亡した1月6日のトランプ支持者による米連邦議会議事堂突入後も、混乱が収まる気配はいない。首都ワシントンのバウザー市長は、トランプ大統領に書簡を送り、20日のバイデンの大統領就任式に向けた警備計画をもっと効率的に進めるために、ワシントンが非常災害前の事態にあるとの宣言を発令するよう要請した。 1月11日、トランプ大統領はこれに応じ、コロンビア特別区の緊急宣言を承認する大統領令を出した。これは、「国土安全保障省」、「連邦緊急事態管理庁(FEMA)」が、緊急事態によって引き起こされる混乱に対処するための活動を調整し、適切な支援を提供することを約束したものだ。 これにより、1月20日のバイデンの大統領就任式を控え、首都ワシントンは特別警戒体制に入っている。州兵1万人が動員され、集会も禁止されている。また、民兵の武装集団が全米50州の議会に抗議デモを計画しているとのFBIの内部文書もあり、情勢は緊張している。 また民主党は、連邦議会議事堂の占拠事件でトランプ大統領の責任追及を急ぎ、憲法修正第25条による罷免をペンス副大統領に要求しているが、ペンスはこれを正式に拒否した。これを受けて民主党は、大統領の弾劾に向けた訴追決議案を13日にも下院で採決する見込みになっている。 他方トランプ大統領は、6日ぶりに記者団の前で演説し、6日のトランプ支持者の連邦議会議事堂の責任は自分にはないこと、大統領の弾劾裁判は魔女狩りに等しいことなどを主張し、自分の行動を改めて正当化した。 ●バイデン就任を認めない風潮 このような状況なので、1月20日には厳戒態勢のなかワシントンで就任式が行われ、民主党のバイデンが第46代大統領に正式に就任することになる。 しかし、現実にはこの方向が変更される可能性はほとんどないにもかかわらず、熱狂的なトランプ支持者はネットを中心に、これからトランプは戒厳令を発して米軍がワシントンを占拠して、ジョー・バイデン次期大統領やナンシー・ペロシ下院議長などの民主党の重鎮を逮捕し、二期目のトランプ政権を発足させる計画が進んでいるとの情報が拡散している。これを実行するためにトランプは、緊急宣言を行うという。 こうした情報は、トランプをアメリカと世界の救世主として崇拝する熱狂的なトランプ主義者によって広く共有されている。こうした人々はアメリカのみならず、日本やヨーロッパ諸国にも多い。トランプを、グローバリストに支配された世界を救う革命のリーダーとして見る動きだ。 いま世界のどの地域でも、新型コロナウイルスのパンデミックが引き起こした経験したことのない経済停滞と失業、そして厳しい行動規制が続いている。これに抗議する激しい運動が起こっているが、トランプはこうした抗議運動を象徴するシンボルのような存在になってしまった。 ●「Qアノン」が作り出した壮大なファンタジー もちろん、ネットの熱烈なトランプ主義者が主張するようなことはまったく起こっていない。戒厳令もなければ、トランプによる緊急声明もいし、ましてたバイデンやペロシの逮捕のようなこともまったく起こっていない。起こる兆候もまったくない。しかし、アメリカでも世界でも、これを信じる人々は後を絶たない。日本でもそうした人々の数は決して少なくない。 彼らはいわば、「トランプカルト」とでも呼べるような集団だ。では、トランプを革命の救世主として崇拝するこのような運動を引き起こしたのは誰なのだろうか?その背後になんらかの勢力が存在するのだろうか?この運動を拡散させた中心のひとつになっているのは、「Qアノン」である。このメルマガでは何度も「Qアノン」については取り上げているので、改めて解説する必要もないだろう。 「Qアノン」とは、日本の「2Ch」に似たアングラ系の画像掲示板、「4Chan」にある政治板に意味深なメッセージの書き込みを始めた匿名の人物のことである。最初の投稿は2017年10月28日から11月6日にかけてあった。最初の投稿は次のようなものだった。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
  • いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日
  • テキスト形式