プラットフォームを掌握する巨大メガテックが自国の大統領をも粉砕する時代

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
■ No.449 (2021年01月10日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 プラットフォームを掌握する巨大メガテックが自国の大統領をも粉砕する時代 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - アメリカが荒れている。2021年1月6日、ジョー・バイデンの不正選挙に怒った人々が連邦議会議事堂に多数乱入・占拠するという事件が起きて大混乱となっており、今も大混乱が尾を引いたままだ。 トランプ大統領は、まだ大統領である。しかし、アメリカのプラットフォームは申し合わせたように、トランプ大統領の発言機会を急激に奪いつつある。Twitter、Facebook、YouTube、Instagram、Snapchat、TikTok等々は、次々とトランプ大統領のアカウントを削除したり規制している。 トランプ大統領が保守派のSNSである「PARLER」に移行すると、GoogleとAppleはPARLERのスマートフォンのアプリをストアから排除してしまった。 言うまでもないが、今の時代は「スマートフォンのディスプレイ」が最大の戦場である。ここから排除されるというのは、巨大なダメージである。 それでも、「パソコンからのブラウザからはPARLERは使える」のだが、すると今度はPARLERのサーバーを運用しているAmazonが、PARLERをサーバーから削除するかもしれないと通告を出した。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日
  • テキスト形式