Vol.47 垣屋美智子の「キイトク」---国民年金基金vs確定拠出年金。更には確定拠出年金に米国株を選ぶのは正しいの?

垣屋美智子の「キイトク」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 垣屋美智子の「キイトク」 Vol.47 - 2021年1月4日 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 毎月 第1月曜日・第3月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ さて今回は以下の内容でお届けします。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.47 - 2021年1月4日号の目次 ・箱根駅伝は行かない方が情報量多し?逃げ恥で優しく。 ・Q&Aコーナー:国民年金基金vs確定拠出年金。更には確定拠出年金に米国株を選ぶのは正しいの? ・終わりに:緊急事態宣言、今回は人々はどう動くのか。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ Q&Aコーナー Q)20代学生兼フリーランスです。国民年金基金と確定拠出年金、どちらに加入するのが良いでしょうか? 国民年金基金のように、将来受給可能な年金額が確定している方が安心なのではとも思うのですが、確定拠出年金を選ぶ理由が知りたいです。 また、色々なメディアで確定拠出年金の場合、選ぶ商品は米国株と聞きますが、将来に渡り米国株が成長するとは言えないと思うのですが、どうですか? ご意見を伺いたいです。 A)ご質問ありがとうございます。 国民年金基金は「確定給付年金」です。つまり、掛金によって将来受給可能な年金額が確定しますが、掛金に比べて受給額が大きく上回るということはないように設計されていると言えるでしょう。 一方で、「確定拠出年金」は毎月の拠出額(掛金)が確定していて、将来的な給付額は「加入後の運用実績次第」となるため、将来得られる金額が運用実績によって変わります。受給額は掛金を下回る場合もありますし、大きく上回る場合もあり、それは個人の運用実績次第です。 私なら国民年金基金には加入しません。理由は、国民年金基金を検討される方は私も含め自営業やフリーランスですが、将来、事業で現金が早急に必要になる場合も
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 垣屋美智子の「キイトク」
  • 垣屋美智子です。証券アナリストとして10年間従事した後、現在、スタートアップ企業の財務面・経営面での支援をしたり、執筆・講演活動をしています。経済状況の変化をリアルタイムに感じる環境で過ごしている分、生き方、働き方、子育て等にどう影響するか、書きたいことは沢山あります。メルマガならではのQ&A形式で、限定した読者との場だからこその、深堀りした考え、とっておきな情報を絡めて回答します。たまにここだけに留めたい話も特別号として号外を発行予定。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第3月曜日
  • テキスト形式