「なぜ日本はコロナ重症者が少ないのに医療崩壊に瀕しているのか?」「サプリ、栄養ドリンクも医療費控除の対象に」

大村大次郎の本音で役に立つ税金情報
  • 2021/01/01
    • シェアする
新型コロナの感染拡大が止まりませんね。 昨日の大晦日は東京では1300人を超えてしまいました。 そして、昨今、けたたましく聞こえてくるのが「医療崩壊」という言葉です。 このまま行けば医療崩壊してしまう、と。 新型コロナ感染に気を付けなくてはならないのは、当然のことです。 自分のため家族のため国のために、それは絶対に必要なことです。 が、たびたび発せられる「医療崩壊」という言葉には違和感を覚えないでし ょうか? ご存じのように、日本はほかの東アジア諸国と同様に、ファクターXという よくわかっていない理由により、欧米よりも感染者の数が桁違いに少ないの です。 重症者や死亡者の数も桁違いに少ないです。 アメリカでは30万人が亡くなっていますが、日本では3千人です。 アメリカの100分の一なのです。 人口数を差し引いても、やはり大幅に少ないという事が言えます。 ヨーロッパでも、アメリカと同様に重症者や死亡者が日本より桁違いに多 いです。 でも欧米では壊滅的な医療崩壊は起きていません。 逆に言えば、これは日本にとって恐ろしいことではないでしょうか? もし、日本にファクターXがなく、欧米と同じような感染拡大が起き、重症者 が生じたら、日本の医療は一体どうなっていたんだろう、と。 なぜ日本医療は欧米の何十分の一の感染者で、ここまで揺らいでいるのか? そういう疑問を持っている人も多いはずです。 今回はその疑問にお答えしたいと思います。 実は日本の医療というのは「いびつなシステム」になっています。 「いびつなシステム」を具体的に言えば、 ・開業医が異常に多いこと ・精神病院が異常に多いこと です。 日本の医療費の多くが、開業医と精神病院に割かれているために、本当に 必要な場所に医療費が賄われていないのです。 だから、集中治療室も足りないし、PCR検査体制も整っていなかったのです。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 大村大次郎の本音で役に立つ税金情報
  • 元国税調査官で著書60冊以上の大村大次郎が、ギリギリまで節税する方法を伝授。「正しい税務調査の受け方」や「最新の税金情報」なども掲載。主の著書「あらゆる領収書は経費で落とせる」(中央公論新社)「悪の会計学」(双葉社)
  • 330円 / 月(税込)
  • 毎月 1日・16日
  • テキスト形式