メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

「弱者の不幸は蜜の味」。災厄はなぜ強者にとってはおいしい局面になるのか

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
■ No.446 (2020年12月20日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 「弱者の不幸は蜜の味」。災厄はなぜ強者にとってはおいしい局面になるのか - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 激動の2020年もあと少しで終わりとなるのだが、今年はコロナに始まってコロナに終わりそうだ。コロナ禍は収束すると思われていたのだが、冬になってから世界中で一気に拡大しており、とどまるところを知らない。 日本でも連日のように過去最多の感染者を出しているのだが、アメリカでは一日のコロナ感染者が25万人を超え、イギリスでは再度のロックダウンに入り、フランスではマクロン大統領が感染し、インドもアメリカに次ぐ感染者拡大を見せている。 ファイザーのワクチンは完成しているのだが、このワクチンが一般に行き渡るのは来年の春以降であり、今年の冬は相当ひどいことになりそうだ。 世界中がこんな状態なので街の景況感は最悪だ。中小零細企業はバタバタと潰れているし、失業者も増え続けている。そして、この「不気味な公式」が改めて私たちは意識せざるを得なくなっている。 「失業者が増える=自殺者が増える」
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日