【渡辺勝幸3748号】古代と現代における税率の違いの理由について

渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン   第3748号 令和2年12月18日(金)発行   発行部数 11,704 部 【古代と現代における税率の違いの理由について】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【古代と現代における税率の違いの理由について】 いったい、わが国の昔や漢代の制度では、 三十分の一の課税を行って十分であり、 唐・虞(堯・舜)や、夏・殷・周の三代の制度では、 十分の一でなければ足りなかったのです。 また、現在わが国の税は、四公六民といっているから、 十分の一よりもさらに重いのです。 それならばこのように税率に違いが生じるのは、なぜであるか。 思うに、封建制度というものは、 役人の数が多く、その俸禄も重い上にそれを世襲しており、
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン
  • 【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,500日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
  • 660円 / 月(税込)
  • 日刊