Q. 新規上場ロボアドバイザーのウェルスナビの顧客獲得費用は?

決算が読めるようになるノート
ヒント:顧客獲得費用と運用者1人あたりの売上(ARPU)を計算すると、意外と短期間で回収できていることがわかりました。 AIを使ったロボアドバイザーで世界中の銘柄に全自動で分散投資を行う「WealthNavi」を提供する、ウェルスナビ株式会社の東京証券取引所マザーズ市場への上場が承認され、2020年12月22日に上場する予定となりました。この記事では、ウェルスナビがどのようなサービスを提供しているかの簡単な紹介と、有価証券届出書(新規公開時)から読み取れる主要KPIをピックアップし、顧客獲得費用とその回収期間を推計していきます。 ウェルスナビ株式会社 有価証券届出書(新規公開時)2020年11月18日 WealthNaviとは 冒頭で紹介した通り「WealthNavi」というサービスは、AIを使った「ロボアドバイザー」を利用し、世界約50カ国、1.1万銘柄の株式、国債、債券や不動産などに自動で分散投資をしてくれる2016年にスタートしたサービスです。スマホ一つで積み立て型の分散投資を全自動で始めることができる手軽さを訴求したことで、口座開設数を伸ばしています。 ちなみに、私はアメリカに居住しているのでWealthNaviは利用していませんが、資産運用の一環でロボアドバイザーを使った投資もしています。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 決算が読めるようになるノート
  • アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。
  • 1,001円 / 月(税込)
  • 週2回程度
  • HTML形式