コロナ禍で明らかになったUberの最大の強みとは?【フードデリバリーの取扱高がはじめてライドシェアを超えた決算】

決算が読めるようになるノート
コロナ禍で明らかになったUberの最大の強みとは?【フードデリバリーの取扱高がはじめてライドシェアを超えた決算】 私のYouTubeチャンネルでは、決算読み解き実況中継をしています。おかげさまでYouTubeの方も多くの方にご覧いただいているのですが、特に忙しいビジネスパーソンの方たちから「YouTube動画の内容を知りたいが、動画を見る時間が無い」というお声を多数いただいています。 この記事では、上の動画の内容をスクリーンショット付きで文字起こししてあります。動画を見る時間はないけれど、内容を短時間でおさらいしたいという方に最適です。 今回の決算の印象は? ーー(伊佐山真里)皆さんこんにちは。今日は、Uberの決算書をシバタさんと一緒に読んでいきたいと思います。よろしくお願いします。早速結果を見てみましょう。 ーーまず、Gross Bookings(取扱高)を見てみると、ライドシェア(Mobility)は前年同期比マイナス53%でした。一方デリバリー(Delivery)は、なんと前年同期比プラス134%の成長をしており、取扱高ではデリバリーがライドシェアよりも大きくなっていたのが特徴でした。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 決算が読めるようになるノート
  • アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。
  • 1,001円 / 月(税込)
  • 週2回程度
  • HTML形式