Q. ヤフーのコマース事業に見る緊急事態宣言中と解除後のECの差分は?

決算が読めるようになるノート
A. 緊急事態宣言中(Q1)と宣言解除後(Q2)の取扱高の前年同期比は以下の通りに推移。 ショッピング事業取扱高: 宣言中YoY+85.9% => 解除後YoY+51.3% クレジットカード取扱高: 宣言中YoY+31.3% => 解除後YoY+26.6% O2O事業取扱高: 宣言中YoY-55.7% => 解除後YoY+55.3% 「GoTo」の影響で宣言中に大幅減少したO2O事業が大きく好転。 ヤフーを運営するZホールディングスの2020年6月-9月の第2四半期決算が発表になりました。緊急事態宣言(2020年4月7日〜5月25日)を含む第1四半期の決算と比較して、緊急事態宣言解除後の四半期決算にどのような違いが出ているのか見ていきたいと思います。 以下では、第1四半期を宣言中、第2四半期を解除後として記載していきます。 Z Holdings 2020年度 第2四半期決算 プレゼンテーション資料 (2020年10月30日)
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 決算が読めるようになるノート
  • アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。
  • 1,001円 / 月(税込)
  • 週2回程度
  • HTML形式