メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

コロナ禍で求められる政策対応

マンさんの経済あらかると
  • 2020/11/25
    • シェアする
コロナ禍で求められる政策対応 「感染拡大が再び経済を圧迫」  世界経済がまたコロナの感染拡大の影響で、停滞、収縮の懸念が広がっています。欧州ではすでにフランス、ドイツ、英国など多くの国が部分的なロックダウン(都市封鎖)や経済規制を実施しています。クリスマス休暇の時期を前にして、感染の急拡大を何としても食い止めなければならない状況になっていたためです。 フランスではその成果が、感染者数の減少という形で表れてきましたが、反面サービス業でのPMIが11月には38.0まで大きく低下し、経済への負担も大きくなっています。同様に、英国、ドイツでもサービスPMIが11月には50を割り込んで大きく低下しています。  米国も同様で、1日の感染者数が15万人を超えるようになり、医療崩壊の危機に直面しようとしています。そこで、ニューメキシコが2週間の外出禁止令を出すなど、過半の州で何らかの規制を実施して感染の拡大防止に動いています。ワクチンの開発期待が高まる中でも、現実の感染者拡大にはまだ薬などでは対処できないためです。  これに対して、日本では各地で感染の第3波が認識され、感染者数が多くの都道府県で過去最多を記録しています。この3連休も「Go To」を利用した人々で観光地はにぎわいを見せました。その一方で、感染防止は国民任せで、キャンペーンを続ける政府の姿勢に批判が高まり、政府もようやく重い腰を上げ始めました。「Go To」トラベルやイートの見直しを示唆しました。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)